肥満の原因

私達人間は砂糖などの「糖質」を取りすぎると肥満になってしまいます。糖質というのは大量に摂取してしまうと体内の血糖値が上昇してしまいます。それを下げるためにインスリンという血糖値を下げるホルモンが分泌されます。インスリンは脂肪をエネルギーとしてしまうため穀物などを多く摂取してしまうと血糖値が上がりふとりやすくなってしまうのです。

肥満になってしまうと、人間と同じように、糖尿病、心臓病といったことはもちろん免疫力低下や便秘などのリスクが高くなってしまいます。そういったリスクを考える上でも与えるフードを気を付けるように心がけていく必要があります。ここで間違えてはいけないのは高タンパク質のフードは太ると思い込んでしまうことです。タンパク質というのは犬の体の組織を作るうえで大切な栄養成分です。心配しなければならないのは脂肪と炭水化物や穀物といったものになります。こちらが少なければいいのです。

これらのことを考えるとグレインフリードッグフードは犬の体の仕組みや消化器官に適しているのです。アレルギーになるリスクがすくなくまたアレルギー体質の犬にも与えることができますし、穀物が全くはいっていないので消化にとてもいいので、便の状態もよくなったり体質改善の効果も期待できるかもしれません。ただし、その分価格は普通のドッグフードよりは高くなってしまいます。しかし大切な愛犬の健康等を考えてみれば、やはりグレインフリーのほうがいいのではないでしょうか。

アレルギーの原因

犬にもアレルギーがあることはご存知ですか。花粉症になる犬もおります。また食物アレルギーの犬もいたりします。そのなかでも穀物アレルギーになる犬は多いです。それはもともと穀物類のたんぱく質というのは食べ物のなかでもアレルギーになりやすいのです。私達人間も穀物アレルギーの人は多いかと重います。小麦アレルギーなどよくきかれるのではないでしょうか。

穀物アレルギーはすぐに出てしまうのもあれば昨日まではふつうだったのに今日になったらというときもあるかもしれません。それほど穀物というのはアレルギーになりやすいものです。それに加えて犬は穀物を消化吸収するのが苦手であり、消化吸収されず分解しきれない食べ物はアレルギー物質として体に認識されやすいのです。犬の穀物でのアレルギーが多いのはこの原因も大いに関係していることになります。

特に小麦などといったグルテンを大量に含む穀物は犬に重大なアレルギーを引き起こすとも言われております。にかかわらず市販のドッグフードの多くは穀物が含まれているのがほとんどです。アレルギーになってしまった犬の健康面からみてもドッグフードの原材料というのをよく吟味してから与えたほうがいいのではないでしょうか。

分解できない

犬というのはもともと肉食動物になります。肉食動物というのは穀物の消化吸収というのがとても苦手になります。なぜかというと、肉食動物にはアミラーゼという酵素をほとんど持っていないといわれています。このアミラーゼというのは穀物を分解するために必要な酵素になります。

穀物を食べた際に唾液中にアミラーゼが含まれているため、咀嚼と唾液で穀物を口のなかである程度分解できるのです。ある程度分解されてから胃に入っていくため胃や腸などへ負担が軽減される効果があるのです。しかしながら犬の唾液中はこのアミラーゼをほとんど持っていないため、犬にとっては穀物というのは消化吸収させにくいものになってしまいます。また犬は肉食なので「腸」も短く余計に穀物の吸収が苦手なのです。ほとんど消化吸収できないものが体内に入ってくるとその腸まで穀物は達してしまうため、胃や腸などの臓器にも大きく負担になってしまうこともあります。

そういうことで穀物は吸収がされにくいために、犬にとっては穀物というのは栄養価値の低いものだと考えられはじめています。そして穀物は分解することができないだけではなくほかにもいろいろと弊害が出てくる可能性があるのです。

現在のドッグフード

グレインフリードッグフードという言葉を耳にしたことはありますか。犬を飼っている方はよくご存じかと思います。グレインフリーというのは小麦、とうもろこし、米という風な穀物全版を全く使用しないものを言います。それのドッグフードとは穀物を全く使っていないドッグフードになります。

参照HP
穀物を全く使っていないグレインフリードッグフード「カナガン」通販サイト

今市販で売られているドッグフードの多くは穀物が含まれております。穀物を入れることで大幅にコストダウンをはかっているのもあります。こういった理由で炭水化物や穀物を多く入っているドッグフードはタンパク質が不足してしまいがちです。犬にとって動物性タンパク質というのは一番大切な栄養素になります。動物性タンパク質は鶏肉や魚、卵などです。しかしながら今市販させているドッグフードには動物性タンパク質のみを使用しているところは本当に少ないのです。多くは動物性タンパク質と植物性タンパク質の混合が多いのです。

この植物性タンパク質というのは大豆やトウモロコシなどの穀物類をいいます。これらの植物性タンパク質を混ぜることによりコストを抑えることができるのです。しかしながらこの穀物は犬にとっては消化させにくいものであり、毎日それを与えることによって犬の健康面においてもあまりいいとは言えません。

それらを解決してくれるのがグレインフリードッグフードになるのではないでしょうか。原材料や成分などにもかなりこだわって作られているところはほとんどで安心して与えることができるかと思います。

ここでもしかしたら疑問が出てくる人もいるかと思いますなぜ穀物がだめなのかと。若しくは穀物が使われていないだけで何が変わるのかと疑問が出てくる人もいるかと思います。では穀物が犬にどう影響するのかを詳しくご説明いたします。